フォロー
フォロー

滋賀県農協青壮年部協議会委員長 河南 聡寿

今こそみんなで支え合おう

滋賀県農協青壮年部協議会委員長の河南聡寿です。

 

新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、休校による学校給食の休止やイベントの中止、インバウンド需要の激減などにより、農畜産物の需要が低迷し、青壮年組織盟友の農業経営にも大きな影響が出ています。

このような状況の中、近畿地区農協青壮年組織協議会では、京都府農協青壮年組織協議会の北澤委員長の発案で、「『牛乳を飲んで酪農家さんを応援しよう!』プロジェクト」と題し、賛同した有志が酪農家さんを応援する動画を制作し、各自がFacebookに投稿する取り組みを実施しました。

私も地元青年部の仲間と動画を投稿しました。

また、私の地元は近江牛の産地でもあり、多くの畜産農家がいます。

今、和牛の枝肉価格は外食需要が激減している影響等を受けて急落しています。

 

皆さんの家庭で、お祝い等の際には、国産牛肉を活用いただきますとともに、花飾りを実施いただくなど、今こそみんなで支え合いましょう。

投稿日:2020年3月31日  カテゴリー:青年部リーダー

私たちと
一緒に活動しませんか

青年部メンバー写真

JA青年部とは、JAをよりどころとして、
地域農業の振興を図る農業青年の集まりです。
私たちと一緒に活動しませんか。

ページトップへ