JA全青協   キャッチフレーズ
トピックス
トピックス
ポリシーブック
加入のご案内
青年部ニュース
メールマガジン
グッズカタログ
リンク
お問い合わせ
過去の写真
 平成28年5月25日(水)、全国の都道府県青年組織の委員長・会長出席のもと、第63回JA全青協通常総会が開催され、善積会長(熊本県)率いる平成28年度体制がスタートしました。

 
 
 平成28年2月16日、17日、東京都・日比谷公会堂にて第62回JA全国青年大会を開催しました。大会には全国から約1,500人が参加し、全国盟友による相互研鑽と交流をはかりました。

 
 
 平成27年11月12日(木)に、第3回JA都道府県青年組織委員長・事務局拡大合同会議が、全国より150名を超える参加者のもと開催されました。
 また、翌13日(金)には、TPPにかかる情勢報告会および県別の一斉要請活動、農林水産省職員との意見交換会を実施し、各所と活発な議論を交わしました。


 
 
 平成27年8月24日(月)、25日(火)、初めての試みとなる「全国ポリシーブック研修会」が東京都・JAビルにて開催され、全国から80名を超える青年部盟友・事務局が参加し、ポリシーブックの作成と活用について学びました。

 
 
 平成27年7月15日(水)、16日(木)、第2回JA都道府県青年組織委員長・事務局合同会議が天笠会長の地元である群馬県で開催されました。会議には、全国から各県青年組織代表者と事務局、総勢約100名が集結いたしました。

 
 
 平成27年5月27日(水)、第62回JA全青協通常総会が東京都・JAビルで開催され、平成27年度新執行部体制が発足いたしました。
 総会では、平成26〜28年度における「JA全青協中期活動目標」の着実な実行を目指し、昨年度に引き続いての取り組みの他、第27回JA全国大会議案の策定・審議への参画や、ポリシーブックの取り組み強化のための「全国ポリシーブック研修会」(8月)の開催などについて決議をいたしました。


 
 
 平成26年7月16日(水)に第2回JA都道府県青年組織委員長・事務局合同会議を開催し、全国の青年組織の代表と事務局が札幌に集結しました。
 会議では、JA全青協の取り組みにかかる協議のほか、青年部組織数・盟友数拡大運動にかかる記念品の贈呈および優良事例の報告を行いました。
 会議後には、地元青年部よりポリシーブックの取り組みについての報告を受けるとともに、JA・連合会(ホクレン)と連携した生産・販売を行っている水稲圃場を視察するなど、北海道の営農や青年組織の取り組みについて知見を広げました。


 
 
 平成26年5月28日(水)に、第61回JA全青協通常総会を開催しました。
 黒田栄継会長、天笠淳家副会長をはじめとする新役員体制がスタートいたしました。総会では今年度からのJA全青協中期活動目標を決議し、次世代農政運動の確立、将来のJA経営参画に向けた人材育成、組織活性化に向けた未加入組織の組織化および盟友数の拡大の3つの基本項目を掲げました。
平成26年5月28日(水)に、第61回JA全青協通常総会を開催しました。黒田栄継会長、天笠淳家副会長をはじめとする新役員体制がスタートいたしました。総会では今年度からのJA全青協中期活動目標を決議し、次世代農政運動の確立、将来のJA経営参画に向けた人材育成、組織活性化に向けた未加入組織の組織化および盟友数の拡大の3つの基本項目を掲げました。
 
 
 平成26年2月12日(水)〜13日(木)に第60回JA全国青年大会を開催しました。全国から1,500名を超える若手農業者が結集し、青年部活動の優良事例発表などに耳を傾けました。大会終了後には、TPPにかかるアピール行動もあわせて実施し、若手農業者の声を政府・国会に届けました。 平成26年2月12日(水)〜13日(木)に第60回JA全国青年大会を開催しました。全国から1,500名を超える若手農業者が結集し、青年部活動の優良事例発表などに耳を傾けました。大会終了後には、TPPにかかるアピール行動もあわせて実施し、若手農業者の声を政府・国会に届けました。

平成26年2月12日(水)〜13日(木)に第60回JA全国青年大会を開催しました。全国から1,500名を超える若手農業者が結集し、青年部活動の優良事例発表などに耳を傾けました。大会終了後には、TPPにかかるアピール行動もあわせて実施し、若手農業者の声を政府・国会に届けました。
 
 
平成25年10月29日(火)に、JA都道府県青年組織委員長・事務局拡大合同会議を東京ビッグサイトで開催しました。約200名が参加のなか、TPP対応や中期活動目標の策定等にかかる協議を行いました。また、翌30日には県別の一斉要請活動、午後からは農水省・皆川事務次官はじめ幹部職員の方々と意見交換を行いました。 平成25年10月29日(火)に、JA都道府県青年組織委員長・事務局拡大合同会議を東京ビッグサイトで開催しました。約200名が参加のなか、TPP対応や中期活動目標の策定等にかかる協議を行いました。また、翌30日には県別の一斉要請活動、午後からは農水省・皆川事務次官はじめ幹部職員の方々と意見交換を行いました。

平成25年10月29日(火)に、JA都道府県青年組織委員長・事務局拡大合同会議を東京ビッグサイトで開催しました。約200名が参加のなか、TPP対応や中期活動目標の策定等にかかる協議を行いました。また、翌30日には県別の一斉要請活動、午後からは農水省・皆川事務次官はじめ幹部職員の方々と意見交換を行いました。
 
 
平成25年6月26日(水)に、第2回JA都道府県青年組織委員長・事務局合同会議を山下会長の地元である長崎県で開催しました。会議冒頭にはJA長崎県中央会の山中勝義会長より歓迎と激励のご挨拶をいただきました。ポリシーブックの取り組み等にかかる協議を行い、会議終了後は諫早湾干拓を視察しました。 平成25年6月26日(水)に、第2回JA都道府県青年組織委員長・事務局合同会議を山下会長の地元である長崎県で開催しました。会議冒頭にはJA長崎県中央会の山中勝義会長より歓迎と激励のご挨拶をいただきました。ポリシーブックの取り組み等にかかる協議を行い、会議終了後は諫早湾干拓を視察しました。

平成25年6月26日(水)に、第2回JA都道府県青年組織委員長・事務局合同会議を山下会長の地元である長崎県で開催しました。会議冒頭にはJA長崎県中央会の山中勝義会長より歓迎と激励のご挨拶をいただきました。ポリシーブックの取り組み等にかかる協議を行い、会議終了後は諫早湾干拓を視察しました。
 
 
平成24年10月11日(木)に、第26回JA全国大会がNHKホールで開催され、JA青年組織からも多数の盟友が参加しました。今大会では、 JAグループを挙げて、担い手農業者のサポートと青年組織の強化を行うことが議決され、JA全青協の山下秀俊副会長が約3,000名の参加者を前に意見表 明を行いました。
(意見表明の概要はこちら)
また、大会開始前のNHKホール入口では、盟友有志が全国各地からの参加者に挨拶を行い、青年組織活動のアピールを行いました。
平成24年10月11日(木)に、第26回JA全国大会がNHKホールで開催され、JA青年組織からも多数の盟友が参加しました。今大会では、 JAグループを挙げて、担い手農業者のサポートと青年組織の強化を行うことが議決され、JA全青協の山下秀俊副会長が約3,000名の参加者を前に意見表 明を行いました。また、大会開始前のNHKホール入口では、盟友有志が全国各地からの参加者に挨拶を行い、青年組織活動のアピールを行いました。

平成24年10月11日(木)に、第26回JA全国大会がNHKホールで開催され、JA青年組織からも多数の盟友が参加しました。今大会では、 JAグループを挙げて、担い手農業者のサポートと青年組織の強化を行うことが議決され、JA全青協の山下秀俊副会長が約3,000名の参加者を前に意見表 明を行いました。また、大会開始前のNHKホール入口では、盟友有志が全国各地からの参加者に挨拶を行い、青年組織活動のアピールを行いました。
 
 
平成24年9月18日(火)に、JA全青協・遠藤会長、石倉理事、益子理事、およびJA茨城県青連・河原井委員長は、農林水産省を訪問し、郡司彰農林水産 大臣にJA全青協版ポリシーブックを提出いたしました。中長期的な経営の安定化を考えた政策の立案とともに、若手農業者の声を政策に反映させるよう要請し ました。 平成24年9月18日(火)に、JA全青協・遠藤会長、石倉理事、益子理事、およびJA茨城県青連・河原井委員長は、農林水産省を訪問し、郡司彰農林水産大臣にJA全青協版ポリシーブックを提出いたしました。中長期的な経営の安定化を考えた政策の立案とともに、若手農業者の声を政策に反映させるよう要請しました。
 
 
平成24年7月19日(木)、20日(金)に、平成24年度第2回JA都道府県青年組織委員長・事務局合同会議を福島県福島市で開催しました。
ポリシーブックの積極的な活用や取り組み方針、JA全青協60周年記念事業の開催などについて協議しました。
JA仙台青年部の佐藤善伸委員長からはポリシーブックの具体的な活用事例について、JAそうま青年連盟の遠藤一美委員長からは東日本大震災からの復興に向けた取り組みについての報告を受けました。
また、研修会として、民主党の篠原孝衆議院議員より農業政策の課題などについてご講演いただきました。
平成24年7月19日(木)、20日(金)に、平成24年度第2回JA都道府県青年組織委員長・事務局合同会議を福島県福島市で開催しました。
ポリシーブックの積極的な活用や取り組み方針、JA全青協60周年記念事業の開催などについて協議しました。
JA仙台青年部の佐藤善伸委員長からはポリシーブックの具体的な活用事例について、JAそうま青年連盟の遠藤一美委員長からは東日本大震災からの復興に向けた取り組みについての報告を受けました。
また、研修会として、民主党の篠原孝衆議院議員より農業政策の課題などについてご講演いただきました。
 
 
平成24年5月23日(水)に、第59回JA全青協通常総会を開催しました。
遠藤友彦会長、山下秀俊副会長をはじめとする新役員体制がスタートいたしました。JA全中の萬歳会長からは「青年部の活動が元気でなければ、JAグループと日本の農業・農村に明るい未来はない。青年部が活動を深め、そして盟友数を拡大していくことが日本農業の未来にとって不可欠」とのエールを頂きました。
平成24年5月23日(水)に、第59回JA全青協通常総会を開催しました。遠藤友彦会長、山下秀俊副会長をはじめとする新役員体制がスタートいたしました。JA全中の萬歳会長からは「青年部の活動が元気でなければ、JAグループと日本の農業・農村に明るい未来はない。青年部が活動を深め、そして盟友数を拡大していくことが日本農業の未来にとって不可欠」とのエールを頂きました。
 
 
平成24年2月14〜15日に日比谷公会堂にて第58回JA全国青年大会を開催いたしました。
大会2日目には学習院大学の野中尚人教授、民主党の舟山康江 参議院議員、自由民主党の江藤拓 衆議院議員を招いてパネルディスカッションを行い、我が国の政策決定プロセスの問題点について議論し、青年部としてポリシーブックによって課題と解決策を見つめ直す現場力を上げ、提案・発信していくことの重要性を参加者とともに確認しました。
平成24年2月14〜15日に日比谷公会堂にて第58回JA全国青年大会を開催いたしました。大会2日目には学習院大学の野中尚人教授、民主党の舟山康江 参議院議員、自由民主党の江藤拓 衆議院議員を招いてパネルディスカッションを行い、我が国の政策決定プロセスの問題点について議論し、青年部としてポリシーブックによって課題と解決策を見つめ直す現場力を上げ、提案・発信していくことの重要性を参加者とともに確認しました。
 
 
1月26日に近畿地区JA青年大会が開催され青年の主張や組織活動発表の大会や山本謙治氏による講演などが行われました。写真は大会にて挨拶を行う全青協牟田会長。 1月26日に近畿地区JA青年大会が開催され青年の主張や組織活動発表の大会や山本謙治氏による講演などが行われました。写真は大会にて挨拶を行う全青協牟田会長。
 
 
7月29日に行われた、東日本大震災対策・基本農政確立対策全国代表者集会にて、東京電力福島第一原子力発電所の事故被害により営農が再開できない現状を訴える遠藤副会長(写真上)と、集会の閉会にあたってガンバロー三唱を行う牟田会長(写真下) 1次産業を支える仲間であり、東日本大震災にて農業者と同じく甚大な被害を受けた漁業者に対する義援金として、漁業者の青年団体である全国漁青連へ義援金をお贈りしました。
1次産業を支える仲間であり、東日本大震災にて農業者と同じく甚大な被害を受けた漁業者に対する義援金として、漁業者の青年団体である全国漁青連へ義援金をお贈りしました。
 
 
1次産業を支える仲間であり、東日本大震災にて農業者と同じく甚大な被害を受けた漁業者に対する義援金として、漁業者の青年団体である全国漁青連へ義援金をお贈りしました。 1次産業を支える仲間であり、東日本大震災にて農業者と同じく甚大な被害を受けた漁業者に対する義援金として、漁業者の青年団体である全国漁青連へ義援金をお贈りしました。
 
 
5月24日に開催された全青協通常総会において新執行部が発足いたしました。 5月24日に開催された全青協通常総会において新執行部が発足いたしました。
 
 
2月15日・16日にJA全国青年大会が開催され、1400名以上の盟友が日比谷公会堂に集結しました。 開会にあたり、参加者全員でJA青年組織綱領を唱和する参加者。 2月15日・16日にJA全国青年大会が開催され、1400名以上の盟友が日比谷公会堂に集結しました。開会にあたり、参加者全員でJA青年組織綱領を唱和する参加者。
 
 
12月9日に埼玉県浦和にて関東甲信越地区JA青年部幹部研修会(ブロック大会)が開催されました(写真は挨拶を行う大西会長) 12月9日に埼玉県浦和にて関東甲信越地区JA青年部幹部研修会(ブロック大会)が開催されました(写真は挨拶を行う大西会長)
 
 
11月25日・26日に開かれたJA九州沖縄地区青年大会で挨拶する大西会長 11月4日に全青協役員(大西会長、牧理事、田尻理事、小川理事)からTPP交渉にかかる要請を篠原孝 農林水産副大臣に行いました
 
 
・11月4日に全青協役員(大西会長、牧理事、田尻理事、小川理事)からTPP交渉にかかる要請を篠原孝 農林水産副大臣に行いました 11月4日に全青協役員(大西会長、牧理事、田尻理事、小川理事)からTPP交渉にかかる要請を篠原孝 農林水産副大臣に行いました
 
 
・第2回委員長・事務局合同会議(8月4日)にて、口蹄疫復興激励の寄せ書きを宮崎県角井委員長に手渡す大西会長 第2回委員長・事務局合同会議(8月4日)にて、口蹄疫復興激励の寄せ書きを宮崎県角井委員長に手渡す大西会長
 
 
・平成22年度JA全青協役員が選任され、就任挨拶する大西新会長 平成22年度JA全青協役員が選任され、就任挨拶する大西新会長
 
 
・JA青年組織リーダー研修会(平成23年1月19・20日に開催・トピックス参照)で、「もしも青年部の部長がドラッカーの『マネジメント』を読んだらという」テーマでワークショップを行う参加者 平成22年度JA全青協役員が選任され、就任挨拶する大西新会長
 
ページTOPへ
全 国 農 協 青 年 組 織 協 議 会 Copyright(C) 2004 JA-zenseikyo All right reserved.
サイトマップ ご利用にあたって