フォロー
フォロー

和歌山県農協青年部協議会会長 中早 大輔

『絆』の力でコロナ禍を乗り越える

和歌山県青協会長の中早大輔です。会長2期目として、全国盟友からの学びを基に、より活発な青年部活動に意気込んでいましたが、新型コロナウイルス感染症により、県青年大会は中止、単組活動もままならない状況です。

そんな中にあって、改めて青年部を誇らしく感じています。近畿ブロックでは、「牛乳を飲んで酪農家さんを応援しよう!」プロジェクトや、新型コロナウイルス感染症の影響を把握するための一斉アンケートを実施し、全青協ではいち早くWEB会議を導入されました。助け合いの意識や、下を向くばかりでなく出来ることをする意識など、離れていても連携できる強い「絆」を実感しています。

県内でも、つながりの大切さを見つめ直し、いち早く情報収集するためのネットワーク構築を進めています。新型コロナウイルス感染症のみならず、近年多発する気象災害への備えとしても必要と考えています。

全国6万の盟友で力を合わせ、この難局を乗り越え、農業分野から日本を元気にしていきましょう。

投稿日:2020年10月13日  カテゴリー:青年部リーダー

私たちと
一緒に活動しませんか

青年部メンバー写真

JA青年部とは、JAをよりどころとして、
地域農業の振興を図る農業青年の集まりです。
私たちと一緒に活動しませんか。

ページトップへ