フォロー
フォロー

全国ポリシーブック研修会を公開いたしました

事務局の平沼です。

9/10~9/11に全国ポリシーブック研修会が開催されました。昨年はJA全農の営農技術センターで開催されましたが、今年は福島県での開催となり、全国から多くの盟友が参加しました。

9月10日は水野会長による全体講義よりスタートいたしました。会長は「JA青年部の意義」そして「ポリシーブックを作成する意味」について講義を行いました。

 

全体講義の後、作成班と活用班に別れ、グループワークを行いました。作成班では今野副会長が進行役を務めました。それぞれのグループが「盟友の減少」という課題をテーマに、「個人・JA青年部としての取り組み」「JAと一体となった取り組み」「行政に要望・提案すること」という3つの視点から課題策を議論しました。

 

活用班は谷副会長が進行役を務めました。活用班のワークは、架空のJAのポリシーブック、Plan(計画)シート、活動計画などの資料をもとに、Check(評価)とAct(改善)を行うというものでした。
活用班、作成班ともに大変議論が盛り上がりました。この研修をきっかけに、ポリシーブックの取り組みがさらに進んでいくこと・加速していくことを願っています。

 

また、9月11日はJAふくしま未来管内のファーマーズマーケット「んめ~べ」の視察を行った後、JAふくしま未来飯館営農センターを訪れ、元全青協会長の遠藤氏・センター長の河井氏より震災の経験談、現状と取り組みについてお話をお伺いしました。
会長、両副会長、そして福島県の委員長である草野理事もおっしゃっていましたが、「今、私たち青年部の盟友に何ができるのか、そして何がしたいのか」そして、「視察で見たこと・学んだことを他の盟友に伝えていく大切さ」を胸に刻み、青年部活動をさらに盛り上げていきましょう。

投稿日:2018年10月2日  カテゴリー:ブログ

私たちと
一緒に活動しませんか

青年部メンバー写真

JA青年部とは、JAをよりどころとして、
地域農業の振興を図る農業青年の集まりです。
私たちと一緒に活動しませんか。

ページトップへ